血圧を下げる食べ物

血圧を下げるためには、日々の食生活を見直すことが必要です。いくら薬を飲んだとしても、食生活が乱れていては、再発や悪化の原因につながってしまいます。食生活を改善して、健康な毎日を送りましょう。

NHK「あさイチ」で紹介!牛乳が血圧を下げる

牛乳が血圧を下げると言うのは、テレビで紹介され話題になりました。これはきちんと実験が行われ、証明されていることでもあります。実験はいわゆるメタボリックシンドロームの人200人を100人ずつの2グループに分け実施されました。そして1グループには栄養指導と運動を、そしてもう1グループには栄養指導と運動と牛乳400mlを飲み飲み続けることを、24週間にわたって実施してもらうと言う内容です。その結果、栄養指導と運動のみグループは、実験途中の12週目にも、そして実験終了後の24週目にも特に大きな血圧数値の変動は見られませんでした。しかし栄養指導と運動、そして牛乳を飲み続けたグループは実験途中の12週目、そして実験終了後の24週目で、共に大幅な血圧数値の低下が見られたのです。そのため、牛乳には血圧を下げる効能があることが明らかになったのです。これには牛乳に含まれている成分が大きく関係していると言われています。まずカルシウムです。カルシウムの摂取量が不足すると、血液中のカルシウム不足を補うために、骨のカルシウムが溶け出してしまいます。その一部が血管の筋肉に取り込まれると血管が収縮し、それが高血圧を引き起こすとも言われています。そのため牛乳でカルシウムを摂取することが、高血圧予防につながると言うわけです。それからもうひとつはペプチドです。これはたんぱく質の一種なのですが、これには血管を拡張させる効果があると言われています。そのため、牛乳でペプチドを摂取することは、血管の収縮予防、ひいては高血圧の予防や改善につながると言うわけです。また牛乳、その中に含まれているカルシウムには、脂肪の分解、燃焼を促進させる作用があるのではないかとも言われています。ですから特にメタボリックシンドロームに該当し、そのことで高血圧発症のリスクが高い人は、牛乳を飲むことでその解消も期待できます。

■降圧剤でオススメの薬
高血圧治療薬ノルバスクのご購入は通販が便利